【ヨガ】オススメのヨガマット7選

2019/12/9

どうも。おばさん(@mizch_)です。

今回は、ヨガを始めようと思っている、そろそろボロくなってきたから新しいヨガマットがほしい、そんな人のためにオススメのヨガマットを紹介します。

ヨガマットと言っても、素材や厚さ、色々あります。素材や厚さの特徴は下記の記事をチェックしてみてくださいね!

個人的なオススメですが、それぞれのマットのおすすめポイントや詳細・特徴を記載しています。是非他サイト様もハシゴしてみて参考にしてくださいね。

ダイソー ヨガマット

View this post on Instagram

ダイソーヨガマット

A post shared by kaboko (@kaboko2018) on

ヨガを始めたばかりの人、始めようと思っている人にオススメ。 膝立ちが痛い、おしりが床に擦れると痛い、そんな人は6mmを選びましょう。

ダウンドッグやチャトランガなど、手足を力強く地面につけるようなポーズを繰り返し行っていると、割とすぐにぽろぽろ剥がれてきますが、気にしない人なら結構長く使えると思います。

クッション性やグリップ力に関しても特に問題はありません。確実にお値段以上の価値はあります。

詳細

値段3mm(400円)
6mm(600円)
サイズ3mm(長さ160cm×横幅48cm)
6mm(長さ172cm×横幅61cm)
素材PVC
グリップ力
耐久度

ニトリ ヨガマット

ニトリだと選択肢に10mmタイプが増えます。4mmと6mmはよくあるPVC(ポリ塩化ビニル)素材ですが、10mmはNBR(ニトリルゴム)です。

クッション性が高いので膝や腰を痛めている方におすすめ。ごろ寝しても床の冷えが体に伝わらないので気持ちいいですよ!

注意点として10mmぐらいの厚さになってくると持ち運びには適さないです。自宅用として使うのがベター。

Left Caption
おば
丸めるのも一苦労なんですよ

詳細

値段4mm(740円)
6mm(925円)
10mm(1,195円)
サイズ長さ173cm×横幅61cm
素材サイズによる
グリップ力
耐久度
【公式】ニトリネット

LICLI ヨガマット 10mm

NBRのヨガマットのベストバイはこちら。他のNBRマットと違って横縞なので、横の動きが多いヨガに合っています。カラー展開も豊富で選びやすいですよ。

少しお値段は張りますがよくできているマットです。

Left Caption
おば
ちなみにLICLIのフォームローラーもおすすめw

詳細

値段2,831円
サイズ長さ183cm×横幅61cm
素材NBR
グリップ力
耐久度
かわいい色味で女性人気が抜群ですが、男女兼用で大人からこどもまで対応です。大きいのに、コンパクトにたためるので家に幾つあってもかさばりません。

スリア HDエコマットプラス

画像出典:suria公式通販

環境に優しいTPE素材ヨガマットの決定版とも言えるスリアのヨガマット。ヨガに慣れてきて少し良いマットが欲しくなってきた方に是非使ってもらいたいマットです。

安いマットから買い替えたら、その違いに驚くと思います。グリップ力、クッション性、耐久性も文句なしで、買い換える頻度が減ります。

4mmもありますが、私は6mm派です。

詳細

値段4mm(6,380円)
6mm(7,480円)
サイズ長さ183cm×横幅61cm
素材TPE
グリップ力
耐久度
エコロジー派にうれしい、地球環境やさ素材「TPE」を使用したスリア定番のヨガマットの6ミリタイプ。

※Amazonは検索結果のページになります。

Left Caption
おば
迷い続けてたどり着くのがスリア! 安定です

Manduka ヨガマット ビギン 5mm

ヨガインストラクターもおすすめするマンドゥカのヨガマットは、デザインも洗練されていて高級感溢れる作りが特徴。ヨガ好きの為に作られた「きちんとしたヨガマットです。

このビギンは、優しい色のリバーシブルマットで気分によって表裏変えられるのも◎。5mmというヨガに最適な厚さながらクッション性も抜群で、ポーズも安定しやすいです。

さらにセンターラインもあるのでアーサナのアシストもしてくれる、本当に優秀なマットです。

初心者から中級者にベストなマット。マンドゥカのマットながら手に入れやすい価格というのもポイント!

詳細

値段6,800円
サイズ長さ173cm×横幅61cm
素材TPE
グリップ力
耐久度
マンドゥカ ヨガマットのエントリーモデル。5mm厚のしっかりとしたクッション性・グリップ力は筋トレやストレッチマットにもおすすめ。

ヨガワークス プラネット サダナ 4.2mm

素材はPVCとコットン、PES(ポリエーテルサルフォン)です。高い密度とPESの高耐久で、グリップ力、耐久性が抜群。謳い文句の「一生モノ」という言葉、信じて良いです。 とても良いマットです。肌触りも最高です。

安いマットからプラネットサダナへ移行するとその違いに鳥肌が立つと思います。

長さも他マットより少し長いので背が高い人、しっかり集中してポーズをとりたい人にもおすすめです。余裕があるならこのマットを選んで欲しいです。

詳細

値段13,750円
サイズ長さ186cm×横幅65cm
素材PVC、コットン、PES(ポリエーテルサルフォン)
グリップ力
耐久度
プラネットサダナは、終わることのないプラクティスのための使い心地・耐久性・美しさ・持ち運びを考えたドイツ生まれのヨガマットです。

※Amazonは検索結果のページになります。

IUGA ヨガマット 6mm

色々使ってきて現在はこちらを使うことが多いです。TPEです。実は色とデザインが好きで買ったんですが、自分にとってはベストマットでした。センターラインがあるのでアーサナのバランス取りの目安にもなります。

色はどれも深みがあり目に優しい。手足が滑ることもなく、TPEマットの中でも比較的安価でありながらもしっかりとしたヨガマットです! おすすめ。

値段3,995円~
サイズ長さ183cm×横幅65cm
素材TPE
グリップ力
耐久度
高いクッション性を得るため、SGSに合格したエコ素材である高純度なTPE材料のみを使用しています。

※楽天では取扱なし、Yahooは検索結果が表示されます

まとめ

同じ素材のマットでも、密度や表面のコーティングなどでアーサナの安定感が若干違ってくるので出来れば実物に触れてみてから買いたいです。

が、今回私が紹介したマットは、実際に私も使ってみて(購入したものや教室や知人に借りたもの)良かったものをピックアップしています。

あと、ヨガ教室に通っている人はインストラクターの先生におすすめのマットを聞いてみるのも参考になりますよ。

この記事のカテゴリとキーワード