セーラースターズは面白い?

2019/1/11

旧アニメ版のセーラームーンシリーズ、もう幾度となく観てます。
セーラームーンはDVD借りて観たよ、動画サイトで観たよって人多いと思うんですが、最期のシリーズセーラースターズって観てない人多くないですか?

セーラームーンが始まった時は6歳だった

何故かセーラームーンSupersまでは観たけど、セーラースターズは観てない、微妙そう……って人多いですが何でなのか考えてみました。

記憶を遡ると、セーラームーンがテレビで放送されていた最初期は1992年です。当時私は6歳です。もちろん、最初から観ていました。

記憶が曖昧ですが、前後に幽遊白書やスラムダンク、ドラゴンボールなんかがあった気がします。

セーラームーンは、当時の女の子なら多分8割は観てたんじゃないでしょうか?

セーラームーンのタイトル順番

セーラームーン

セーラームーンR

セーラームーンS

セーラームーンSuperS

セーラースターズ

とタイトルが変わりながらながらく放送されていました。

セーラースターズの時は11歳だった

セーラースターズの頃は1997年。私は11歳になっていました。

この頃はもう、なんとなくセーラームーン観てるの恥ずかしいかも……なんて思うような年頃も過ぎ、観ないのが普通になっていました。

そういう子はやはり周りにもいました。

当時リアルタイムで観ていた子達もセーラースターズだけは観ずに大人になったというのも不人気の理由なのかなと思います。

でもちょいちょい観ていた

それでもたまにチラッと目に入ることがあり、流し見したりはしていました。

でももう理解できないんですよね。

セーラースターライツって何! って感じでしたよ。いろんな戦士が出てきてついていけないっていうのもあったと思います。

キンモク星、セーラーティンにゃんこ、セーラーギャラクシア、ちびちび……。

こんなワードが絶妙な年齢の女子を混乱させに来てました(笑)

大人になってから観たら一番おもしろかった

そして、大人になってからもう一度セーラームーンシリーズを最初から最後まで観たんです。

あの頃はセーラームーンたちがキラキラ輝いて見えていたのが、もう完全に違う目線で見るようになってて。

「なんて切ない中学生なんだ」

と見守るような形でした。

セーラームーンシリーズは、恋愛アニメです。

セーラースターズは大人向け

スターズではうさぎたちも高校生になり、それらしい会話が毎話繰り広げられます。

もどかしい恋の気持ちなんかも女性は観ていて共感できるだろうなあと言う内容。

子供にはちょっと早いんじゃないかっていう内容です。

セーラースターズを観て思うのは、敵との戦いよりも恋とか友情が前に出ています。

最終回のひとことが感動

「愛と正義のセーラー服美少女戦士、セーラームーン」

最終回の最後のシーンで流れるうさぎちゃんの(心の)声です。

決め台詞でもあるこの言葉ががそのままテーマとなったのがセーラースターズかもしれません。

全シリーズの中で一番主人公らしいと作品だと思います。

綺麗にまとまってて、最終回も鳥肌立ちますよほんと。

ネタバレ

大体軽くネタバレしますので、気になる方だけ以下をクリック(タップ)して読んでください。

ネタバレを読む

 

的な感じです。

随所にスタッフの愛も感じます。
誰に何を喋らせるか、誰がうさぎに声を掛けるか……。

他のシリーズより、うさぎの学生としての生活も多く見れるのも特徴ですかね?
スターズ単体で観てももちろん楽しめるのですが、続編として観るのがオススメです!

セーラームーンが好きだけど、スターズだけは観ようか迷っている方は是非観てください。面白いです。

この記事のカテゴリとキーワード