グリセリンフリーの記録


2019年の9月頭からグリセリンフリーをはじめてはや1ヶ月か2ヶ月(アバウト)。

化粧水が無くなりそうなのでこれにて一旦グリセリンフリースキンケアは終了にします。

これまでの肌の記録を掲載していますので、参考になれば嬉しいです。

選んだスキンケアコスメ、9月2日から9月12日までの記録は前回の記事をご参照ください。

前回の記事はこちら

グリセリンフリーの記録

前回から10日程空いてますが9月22日から10月20日までの記録です。例のごとく、タップ・クリックで拡大します。

特筆無い場合基本的にお風呂上がりのスキンケア後の写真です。加工は一切なしです。

Left Caption

おば

勇気いるで……

9月22日(21日目)

最初からごめんなさい。少しボケています。毛穴が詰まっているように見えます。

ゔぉえ

9月25日(24日目)

少しボケている気もしますが、22日よりは滑らかな毛穴です。

9月29日(28日目)

毛穴自体は遠くから見たら目立たないものの、こうしてみると詰まっている気がします。

毛穴の詰まりを完璧に落とせる洗顔には出会ったことがないです。

Left Caption

おば

どうにかならないかな

10月2日(31日目)

何があったのか、ものすごいたるんでいます。そしてシワも目立ちます。
顔全体もむくんでいます。最悪のコンディション。

Right Caption

柳葉敏郎感
Left Caption

おば

そういう日もあるということで

10月6日(35日目)

前回よりはマシに。

このあたりから気候も冷えてくるようになり、乾燥対策の白色ワセリンを塗るようになりました。

10月9日(38日目)

白色ワセリンのおかげか、シワが目立たないです。毛穴も落ち着いています。

10月13日(42日目)

前回と同じくらいか。維持。

毛穴はだいぶ目立たないですが、つまりはやはり気になるところ。

10月15日(44日目)

同じくらいだけど、毛穴は落ち着くようになりました。

少しシワが気になるか?

10月17日(46日目) 昼

昼間の肌です。ひげwww

昼間は毛穴が落ち着いているので、ファンデーションいらずなのは変わらず。

10月18日(47日目) 昼

こちらも昼。グリセリンフリーを始める前よりも昼間はかなり毛穴が落ち着いています。

水分を与えすぎていないので毛穴が締まっているのかも。

10月20日(49日目)

かなり調子が良かった日。毛穴がだいぶ落ち着いています。

最初より格段に毛穴は目立たなくなっています。

9月2日(1日目) 昼

初日がこれ。昼間の毛穴ですが、先程の昼間の毛穴より開いているのがわかります。

グリセリンフリーにして気付いたこと

初日の写真と比べると、グリセリンフリーに毛穴を目立たなくさせる効果があると判明。

さらに気付いたことをまとめます。

グリセリンフリーにして気付いた事!

  • 白色ワセリンは偉大
  • これまでグリセリンに頼り過ぎだった
  • シワは改善されないので別途レチノールでのケア必須

白色ワセリンは偉大

普段は、化粧水 → 乳液 というシンプルケア。写真を撮影している日は更にローションパックやお風呂でガスールパックなども行っています。

それに加え、寒くなってきた頃からスキンケアの最後に白色ワセリンを塗るようになりました。そのあたりから一気に毛穴が目立たなくなっています。

あえて毛穴が目立つようにPCの前で青い光を浴びて撮影していたのですが、どう撮っても毛穴が見づらい日もありました。

Left Caption

おば

白色ワセリン、ホント神
Left Caption

おば

安いし肌に優しいしなんなんだこいつは!
手足のヒビ、アカギレ、皮ふのあれ、その他皮ふの保護

グリセリンに頼りすぎて過保湿だった

兎にも角にも保湿命!

が世の中のスキンケアの鉄則ですし、私もそう習い、そうしてきました。

グリセリンフリーにした最初の3日ぐらいは、

Left Caption

おば

こんなの乾燥するだけで無理だわ

という思いでしたが、その後はあまり気にならなくなりました。

肌がグリセリンフリースキンケアで与えられる水分でも充分に応えられている、ということが判明。

とは言えやはり、元々めっっっっっっちゃ乾燥肌。

少し物足りない時は白色ワセリンを使用していました。でも、それだけで大丈夫でした。

個人的な結論としては……

グリセリンは程々に、その他の成分で緩やかな保湿を心がけるのが良さそう

って感じ。

シワは改善されないので別途レチノールでのケア必須

肌全体、表面の水分に関してはグリセリンフリーでも問題なかったものの、口元のシワに関しては改善されることはなく。

この部分には別途ケアが必要と思いました。

出来てしまっているシワにはレチノールを用いたケアが定番です。

レチノールとは?
簡単に言うとビタミンAのことで、ターンオーバーを活性化させ、出来てしまっているシワも大改善してくれるすごい成分。
ただ効果が強いものは肌のピリつきやゴワゴワ感等の副作用も出るので、よく調べてから使うこと!

レチノールスキンケア商品について

今回はグリセリンフリーを徹底して使用しなかったけど、いつも愛用しているレチノールケアアイテムはビーグレンの「QuSomeレチノA」を使用しています。

私の場合、大きな副作用はなかったけど、出る人も必ずいます。いきなり現品を買うのはオススメしません。QuSomeレチノAが付いてくるエイジングケアお試しセットへのリンクを貼っておきます。

レチノール配合の商品は副作用がある時は使用を控えながら徐々に肌に慣らしていくようにしましょう。

商品名 エイジングケアトライアルセット
値段 1,980円
その他 クレジットカード可
トライアルセットも返金・返品可(手数料負担)

トライアルセット一覧
ビーグレンについての徹底解析記事は以下。誰にでも合うものじゃないので買う前に是非読んでみてください。


他のレチノールアイテムを使用したことがないので何とも言えないのですが、有名なのは資生堂・エリクシールのリンクルクリームなども候補に。主に目元用ですが、こちらも概ね評価が高いです。

ヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで柔軟な肌に整え、しわを改善する初めての薬用有効成分、純粋レチノール配合。

レチノールは出来てしまったシワにも働きかけるので、ごく小さいものなら浄化(笑)してくれます。

シワの気になる方でグリセリンフリーを取り入れようと思っている方はレチノールを用いたスキンケアも行うことを推奨します。

レチノール配合のスキンケア商品はまだまだ少ないので、良いものを見極めて、是非シワ改善に取り入れていきましょう。

何度も言いますが、レチノール反応という副作用が出やすいのでとにかくよく調べてから試すようにしましょう!

まとめ

思うのは、肌は強いんだなということ。

最初は染みていた肌水も全く染みなくなり。
最初はカサついてた肌もカサカサしなくなり。

その時のスキンケアに、肌はちゃんと付いてきてくれるんだな、と。

それがまだ可能なうちに、いろんなスキンケアにトライしていこうと思います。

あんまり良くはないでしょうけど、スキンケアは挑戦だ!

グリセリンフリー、毛穴が目立たなくなり、なかなか良かったです。

また良いスキンケアに巡り会えますように。

Left Caption

おば

でも毛穴詰まりに関しては一生の課題な予感
この記事のカテゴリとキーワード