目の前の家で起きた虐待と殺人事件


最近、毎日のように子ども虐待のニュースが流れてきますが、私が若い頃にも目の前の家で虐待、殺人事件がありました。

その時「あの家は明らかにおかしい」と感じながらも、通報はできませんでした。

未だに、あの時もしも私が通報していれば……と後悔の念に苛まれます。当時のことを振り返って書いてみます。

ホラーっぽい画像になっちゃったけど全然ホラーじゃないです!

他人事でしかなかった

大体15年前の事です。

ある事情で我が家が全焼し、近くの市営住宅に引っ越す事になりました。

その市営住宅は2棟あり、自分たちの部屋はA棟の3階で、その部屋の窓から見える向かいのB棟の3階の部屋で事件が起きました。

初めておかしいな、と感じたのは市営住宅に住みはじめてまだそんなに経っていない頃でした。

ある夜、外が騒がしいので窓から覗くと、小学生ぐらいの男の子泣きわめいていました。

「あいつ絶対頭おかしいよ」

「痛い! 絶対殺される」

必死に叫んでいたその隣にはまだ小さい女の子もいて、さらにもうひとり小さな子がいたように記憶しています。

「はよ逃げろマジヤバイ」

そう言う少年を先頭に、3人は市営住宅の外へ駆けていきました。

「もう夜遅いのにあんな小さい子が出ていくとかただ事じゃないな」

と思ったものの、それ以上何も考えませんでした。

夜、22時頃に「絶対殺される」と言いながら幼い子ども達が市営住宅の外へ逃げるように走っていく姿は誰がどう見てもまともではありません。

でも「物騒な家に住んでいるんだな」程度にしか思っていませんでした。


さらに、別の日──

今度は深夜の3時頃、また外が騒がしく感じたので窓からこっそり覗くと、女性が車に乗り込むのが見えました。

バン! と車のドアを閉める音が静まり返った付近に大きく響いていました。

その時も、以前にも聞いた子どもの声が聴こえました。

「あいつヤバイよ、もう無理」

「おかあさーん」

普通なら寝ているであろう時間に、少年の只ならぬ声と小さい子の泣き声が響く中、駐車場から外へ抜けるまでのわずか10m程の距離を急発進する車。

さすがにおかしい、と私は初めて自分の母親に相談しました。

「前から思ってたんだけど、向かいの家やばくない?」

「ふーん」

「通報したほうがいいんじゃないの? 明らかにおかしい気がする」

「ほんまかぁ」

さほど気にしていない様子の母に、自分も安心してしまい結局通報はしませんでした。

それからも何度かそういう場面を見かけました。

やはり予想通り日常的に虐待が行われていたようで、近所でも噂になっているようでした。

激しい物音なんかもよく聞こえていました。

別の家でも似たような案件があったけど他人事だった

そして数年後──

私の父が近くに一軒家を購入し、その市営住宅から出ていくことになりました。

新しい家でもまた、裏手に住む家族が揉めていて、ほぼ毎日のように母親のヒステリーな声と、「お前なんか殺してやる」と泣き叫ぶ息子の声が聞こえていました。

「物騒だね、あの家」

と母に言うと、

「ずっとそうらしいで、子どもが勉強でけへんかったら叩いたりすんねんて」

と言っていました。しかも息子はまだ小学3年生だといいます。

本当はこれも通報するべきなんでしょうが、やはり「他人事」なんです。

「通報」まで思考がたどり着かない。

結局私は何をするでもなく、その家の母親は出ていき、息子は別居中の父親の元へ、同じようにヒステリーな母に参っていた娘はその家に残り、祖母と一緒に暮らすようになっていました。

大島てるで見つけてしまった

それからは平和に時が過ぎ、更に何年も経って私も結婚することになり、地元で新しく住む家を探していました。

全国の事故物件が掲載されているサイト、大島てるで、周辺の事故物件を探していた時でした。

数年前に私が住んでいた市営住宅が、事故現場として記載されていました。

母親が女児を外に投げ捨て死亡

大島てるが示していた場所は、私がいつも見ていた向かいの部屋の位置だったのですぐにあの市営住宅だとわかりました。

事件が起きたのは、私が引っ越した後で、わりとすぐでした。

亡くなった女児というのは産まれたばかりの子どもで、当時泣きわめいていた子どもたちではありませんでした。

調べてみるとその母親は独身で、あの後妊娠したようですが誰にも相談せず、自宅で出産後、金銭面で育てることが出来ないと判断してベランダから駐車場に投げ捨てたそうです。

一緒に父親も住んでいたと書いてありましたが、父親も妊娠に気付かなかったとのこと。

そういう家庭環境だったんだなぁと……。

闇深な事件ですが、もし当時、あの時点で私が通報していたら、この事件だって無かったのかもしれない、と思うと今でも少し心がざわつきます。

この記事のカテゴリとキーワード