年末年始何故か行くボウリングのスコアを上げるコツ

2019/12/29

元プロボウラー目指してた元エステティシャンな おばさん(@mizch_) です。

先日旦那さんが忘年会でボウリングに行ってきたそうですが、スコアを見るともれなく全員100前後。

面倒なので前置き終わりますね。

今回はすぐ実践できるボウリングのスコアを上げるコツを教えます!

簡単なポイント

  • ピンは見ない
  • 力はいらない
  • 投げる時の手は握手の角度

以上です。

ピンは見ない

と言ってもまぁ見るんですが、プロは多分あまり見てません。プロはレーンのオイルの調子で大体どこらへんに投げればストライク取れるか考えていると思います。

で、どこに投げるか、ですが。

レーンのちょっと先の方にある三角のマークを見てください。これをスパットと言います。

スパット

ボウリング場で使うハウスボールなら、右から3番目のスパットに向かって、投げればまぁまずストライクコースへ行くと思います。

立ち位置も考えたほうが良いですが、若干右側に寄って、外側から狙うと綺麗にストライクゾーンへ入りやすいです。

ストライクゾーンはここ

ハウスボールは、マイボールと違って曲がりにくいので、まっすぐ投げればよっぽどレーンのオイルの状態がおかしくない限りある程度真っすぐ進みます。

ストライク取るほうが簡単

ちなみにマイボールだと2番目を狙うんですが、ストライクを取り損ねてスペアを取る方が難しかったりします。

10本まとめて倒すのと1本を狙って倒すのどっちが簡単か、っていう話です。

Left Caption
おば
中央に立って右端のスパットあたり狙ってボールを曲げてストライク狙う人もいたりします
Right Caption
アキヲ
いろんな方がいるんですね

力はいらない

とにかく力はいれなくていいので、腕をまっすぐに振り上げます

最初はボールの重みにグッと来ちゃいますが、投げてれば慣れるので、腕には余計な力を入れずに、出来れば手首も曲げずに転がしましょう。

ボールが重いので手首がふらんふらんになりがちなんですが、腕から手の甲まで真っ直ぐをイメージすると変なところに行かず綺麗に投げられます(普通に難しいのでイメージでw)。

Left Caption
おば
マイボウラーがしてるあのプロテクターは手首を曲げない為のもの

投げる時の手は握手の角度

ボールを胸から下に下げている時は手のひらが上に向いているかと思いますが、手から離す瞬間は握手をする時の角度をイメージします。あくまでも自然に。

この状態でまっすぐ上に手を上げ、ボールはレーンに置いてくるイメージ。

Left Caption
おば
スラムダンクと一緒よ

これで自然なカーブを描き、ストライクゾーンへきゅっと入り込みます。

立ち位置が真ん中付近からのコースのイメージ

上に書いた投げ方だと、ハウスボールでもほんの少し曲がるので、それを利用してストライクゾーンを狙います。

立ち位置が少し右からのコースのイメージ

楽なのはこっち。少し右側に立って真っ直ぐに投げます。この場合2番目のスパットと3番目のスパットの間でも良いかもしれません。投げるうちにコツを掴んでみてください!

Left Caption
おば
マイボールでオイルが少ないレーンだと最後の方えげつない曲がり方するよ
Right Caption
オイルがギトギトだと?
Left Caption
おば
曲がらなすぎてイライラします

ルールを守って楽しくボウリング

レーンには入らないように、上から投げたり変なことはしないように、ルールを守って楽しくボウリングしましょう!

Left Caption
おば
ボーリングじゃないよ。ボウリングね

おまけ:昔は下手だった

今でこそマイボールの重さは14ポンドだったりしますが、最初は子ども用の6ポンドのボールを使って、スコアは30程度でしたww

それがボウリングの楽しさにハマり、某プロからプロを目指すように言われるくらいには成長しました。

握力も14程度で投げる力もありませんが、一応スコアのアベレージは175前後です。最高スコアは280程度。

実はボウリングはお手本となる綺麗なフォームはあるんですが、自由なフォームで投げて良いのです。

レーンのオイルの量やボウリング場によって、ボールの到着する位置が変わってくるので攻略性があってとーっても奥が深く楽しいスポーツです。

自分なりの投げ方で、是非ボウリング好きになってください!

Left Caption
おば
ゆるやかな全身運動なのでダイエットにも超オススメ!
この記事のカテゴリとキーワード