ベーコンの油ハネを解決する方法

2020/2/4

ベーコンを炒める時、油がめっちゃはねて熱い! 特にベーコンの脂だけじゃなく油を足した時!

あの油の飛距離は殺人級で、下手すれば目に入りかねない。

そしてムカつく!!

今日はそんなベーコンの油ハネが無くなる方法をお教えします。

ポイント

  1. フライパンに火を付ける前にベーコンを入れる
  2. 弱火(とろ火)で炒める
  3. 途中で油を入れる

たったこれだけです。

そのままあまり触らず、じっくりと炒めると美味しそうなこんがりベーコンが焼き上がります。

カリカリベーコン

この方法なら、途中で中火に近い弱火ぐらいまで火力を上げてもあまり油が跳ねません。

油は入れずに焼く、とパッケージには書かれていたりしますが、油を入れることで旨味が溶けて混ざり合います。呼び油というやつですね。

油そのものが旨味になります。カロリーは高くなりますがw

高級料理店なんかでも使われる手法だったりしますね☺️

ハネやすいにんにくチューブや生姜チューブもこの方法だとハネにくくなりますのでぜひお試しあれ♪

この記事のカテゴリとキーワード